毎日のエイジングケア

エイジングケア化粧品

シワ、シミ、老化に対するエイジングケア化粧品とは

エイジングケアの代表的なものには、シワ対策をはじめ、シミ対策や肌の老化のスピードを遅くするなどがあります。
ここでは、これらエイジングケア対策に有効な成分についてそれぞれ紹介します。
まずはシワ対策の場合、コラーゲンを増やす成分の配合されている化粧品を選ぶようにします。
その成分の代表的なものには、レチノールが挙げられます。
レチノールはビタミンAの一種で、コラーゲンを増やす働きがあります。
コラーゲンが増えることにより肌に弾力が出て、シワが改善されるようになります。
次にシミ対策に有効な成分には、ビタミンC誘導体やアルブチンなどが挙げられ、これらの成分はメラニン色素に変換してしまうチロシナーゼという酵素の働きを抑制することで、シミの予防につながります。
肌の老化を防ぐ成分は抗酸化成分とよばれるもので、魚介類に含まれるアスタキサンチンや、植物の色を作り出す素であるアントシアニンなどが代表的な成分です。
抗酸化成分はシミやシワ、たるみなどを予防するため、あらゆるエイジングケアに有効です。

サインを感じたらエイジングケア化粧品を

老化してしまってからエイジングケア化粧品を使い始めても遅くなってしまいます。
まだ若いうちからしっかりケアをしておいたほうが安心です。
大きなサインがでたらもちろんですが、若いときとは違ってきたな、と、感じたら、早目に本格的なケアを始めましょう。
早い段階からエイジングケアを始めれば、若い肌年齢を維持することができます。
ハリのあるたるみのない肌を維持できるのと、しわやたるみで悩みだしてから始めるのでは、結果に大きな差が出てきます。
保湿ケアはスキンケアの基本ですから、若くても必要です。
しっかり保湿ケアをしているのに、若いときとは違うサインを見つけたら、プラスしてエイジングケア化粧品を使い始めるタイミングです。
最初からフルラインで入れ替えるのではなく、美容液やクリームなど、ワンアイテム取り入れるようにすると始めやすいです。
エイジングサインが出てきた肌は、バリア機能が低下している可能性もありますので、添加物の少ない、肌に優しいタイプのエイジングケア化粧品から選ぶと安心です。

check

塾を浜松の辺りで検索

2018/8/24 更新

COPY RIGHT 2015 毎日のエイジングケア ALL RIGHT RESERVED