毎日のエイジングケア

有効な成分の補給

エイジングケアに有効な成分について

肌の構成成分の減少は30代に始まります。
エイジングケアを行わないと、減少により、シミ、シワ、たるみ、乾燥など肌の老化が現れてきます。
最近では、エイジングケアのためのスキンケアとともに、体の内部から不足分を補ったり有効なものを摂取するためのサプリメントやドリンク剤などがあります。
どちらも大切なことです。
エイジングケアに有効な成分としては、まず、減少してしまうコラーゲンやエラスチン、セラミド、ヒアルロン酸などが挙げられます。
スキンケアとしての使用が一般的に即効性が見られます。
その他に、皮脂に近いスクワラン、オリーブ油やアミノ酸などは皮膚の乾燥を防ぎシワなどの予防にもなります。
その他には、美白効の高いアルブチン、エラグ酸、はとむぎ、ビタミンCなどが挙げられます。
プラセンタは美白効果のほかにコラーゲンの生成を促す作用も持ち人があります。
シワの原因である紫外線の影響に効果のあるリコピンやアスタキサンチンや、各種ポリフェノール類もアンチエイジングに効果的です。
スキンケアとサプリなど内側のケアの両方から効果的な成分を取り入れエイジングケアをしましょう。

エイジングケアに有効な成分は外側と内側から補給を

シミやしわ、たるみなどの年齢を重ねると共に増えてくる肌の悩みを改善するには、外側からはアンチエイジングに対応した化粧品、内側からはエイジングケアに有効な成分を食事やサプリなどで補給するという、2つの面からケアを行っていくのが良い方法です。
まず、エイジングケア用の化粧品の選び方は、自分の肌の悩みに対応した成分が入っている化粧品を探すのが基本です。
例えば、シミの予防効果なら、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノン、コウジ酸、トラネキサム酸などが入っているものがおすすめです。
また、乾燥しがちな年齢肌には保湿は絶対必要なものですが、保湿のためにはセラミドやヒアルロン酸、リピジュアなどの入っている化粧水で角質層に潤いを与え、乳液で蓋をするようにカバーするのが良いでしょう。
さて、内側からのエイジングケアで取った方が良い栄養素には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われている大豆イソフラボンや、活性酸素を抑えることが出来る抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、アスタキサンチン、肌の健康に関係があるビタミンB群や亜鉛などがあります。
こういった栄養素を補給しながらスキンケアも丁寧に行うことで、総合的なエイジングケアが出来ますので、これらの成分を積極的に活用してみてください。

recommend

システム開発を大阪で依頼
http://www.yodoq.com/

最終更新日:2017/5/12

COPY RIGHT 2015 毎日のエイジングケア ALL RIGHT RESERVED