毎日のエイジングケア

エイジングケアと洗顔

エイジングケアにおける洗顔について

年齢に合ったスキンケアをしようというのがエイジングケアです。
薬事法の関係で化粧品にはアンチエイジングという単語を使えないためにエイジングケアという単語が使われるようになったとも言われています。
そんなエイジングケアにおいて洗顔は重要です。
顔の汚れや余計な皮脂などを落とすこの行為、肌を整えその後の化粧水から始まる一連のスキンケアの基本の肌を作る重要な作業なのです。
皮脂の分泌が活発な若い頃はさっぱり系がいいですが、年齢には適度な潤いを残して汚れのみを洗い流すものがいいでしょう。
皮脂は天然の保湿剤となる大事な物質なので、洗い過ぎには注意しましょう。
洗顔料をしっかり泡立てて肌に乗せて優しく包み込むように洗いましょう。
その後しっかり洗い流して水分を拭き取ります。
それから一連のスキンケアをして保湿して終了です。
いくら洗い上がりがしっとりな洗顔料を使っていても、保湿は絶対です。
乾燥は美肌の大敵なので、美容液や乳液などでの保湿は欠かせません。

エイジングケアと洗顔について

エイジングケアは、まさに洗顔から始まります。
高級な美容成分をスキンケアに入れるのも良いですが、そのベースとなる皮膚が、毛穴汚れのない清潔な状態でなければ、しっかりと浸透はしにくくなります。
しかし洗顔を見直すことで、そのあとのお手入れの美容成分も浸透がしやすくなります。
見た目年齢にも、大きく差がつくことにもつながります。
エイジングケアのためには、洗顔という肯定派、思っている以上に手を抜けません。
不要な皮脂や、古い角質などを落とすお手入れは、正しい方法をマスターすることで、肌状態も変わっていきます。
無駄に落としすぎずに、必要な潤いは残す方法で、優しく丁寧に顔は洗うことです。
顔を洗う時の温度は熱すぎるのは控えて、心地よいと思えるぬるま湯で、丁寧なすすぎもしましょう。
そのうえで大切な素肌に、高い保湿成分を含む、化粧水や美容液を塗布していきます。
キチンと汚れが落ちているクリーンな素肌には、美容成分も浸透が良いものです。

Valuable information

オトガイ手術

2018/5/11 更新

COPY RIGHT 2015 毎日のエイジングケア ALL RIGHT RESERVED